金地金とは金の延べ棒、ゴールドバー

金地金(ちがね)とはよく漫画などで出てくる、「金の延べ棒」や「ゴールドバー」というやつです。金属塊。インゴット、バーともいいいます。

その金の延べ棒というべき金地金はサイズがある程度決まっています。

主に1kg、500g、300g、200g、100g、50g、20g、10g、5gなどがありますが、各取り扱い会社によって異なります。勝ち組としては1つでも 「金の延べ棒」 を持っておきたいものです。

こういう金の話題をすると多くの貧乏人は 『自分には縁の無い話だ』 とあきらめる人が結構います。そういった人には今更いうことでもないですが、一生縁がないでしょうね格差脱出研究所でよく書かれています。現在、金は全く価値を失わない永久の資産として注目度がどんどん上がっています。昔は金に替わる通貨として米ドルが使われていました。世界中の犯罪者が偽造紙幣を作るのも、主に米ドル札であったことが米ドルの価値を表しています。

しかし現在では、アメリカの双子の赤字といわれる貿易赤字、経常赤字を少しでも減らすためにドル安が意図的に進められています。技術は進んでますが日本も就職がひどいですね。この結果ドルの価値も地位もどんどん下がっていき、世界中の金持ちが米ドルに見切りをつけはじめました。この結果、米ドルの替わりに注目されたのが 「金」 です。金はその金属自体が他に代わりにのない永久の資産です。世界中の国家や金持ちも、米ドルに見切りをつけて金を買おうとする動きが活発化しています。このため21世紀になってから金価格は上昇し続けています。ホンネのFX比較これからそう遠くない未来では米ドルはただの紙切れになっているでしょう。その米ドルの代わりに、江戸時代のように金や金貨で代金の支払いをする時代が再びやってくるのかもしれません。もちろんそんな時代になるのであれば、金価格はさらに上昇し続けて高値の華となってしまうでしょう